2012年5月12日土曜日

X-Orange

Endlers Livebearer Laguna la Malaguena (RubyEye)
Y-Endlers(LLM"RubyEye”):X-Orange

 ”X-Orange”は我が家ではハイブリッド経由で導入した因子ですが、ルーツとしては”Laguna de Patos”産のエンドラーズから来た因子であると予想しています。
 上の写真のエンドラーズは胸部には赤系の色が出ないタイプの系統ですが、”X-Orange”の系統のメスと交配すると下の写真の様に胸に赤系の色が出てきます。

Y-Endlers(LLM"RubyEye”):X-Japanblue/Orange?
 こちらは上記の系統のエンドラーズに”X-Japanblue”のメスを交配した品種ですが、時々この様に胸が赤くなるタイプが出現します。
 使用した”X-Japanblue”の系統は(Laguna de Patos”Orange”)のY染色体と4年程前から組み合わせているのでX染色体にY染色体から胸部の発色因子が移ったのかも知れません。
 これらの因子が同一のものかは不明ですが、新しい可能性をもたらす鍵になってくれるかも知れません。

Double Sword


Orange Snakeskin Double Sword
Orange Snakeskin Double Sword (Ribon)

Orange Snakeskin Double Sword (Ribon:♀)
 某ショップからやってきた、珍しいタイプのダブルソードです。
 遺伝子構造は現時点では不明ですが、色々と掛け合わせが楽しそうな素材ですね。

Santa Maria Double Sword
 こちらは一緒に注文したサンタマリアです。
 エンドラーズのメスと何度か掛け合わせてから本格的に弄る予定ですが、最終的に交配するメスが未完成なので完成は当分先になりそうです。