2012年12月22日土曜日

Endlers Japan blue "Red Cheek"

Endlers Japan Blue "Red Cheek"
 "Laguna la Malaguena"産由来のY染色体と、ジャパンブルーを組み合わせた系統です。
 開始初期と比べるとエンドラーズにだいぶ近づいてきて、良い感じになってきました。

Lazuli Orange Tail Double Sword

Lazuli Orange Tail Double Sword
 ラズリーとオレンジテールダブルソードを組み合わせた作例です。
 結果は見ての通り、予想以上にボディへ赤色が侵食して青色が押されてしまい、背鰭やソード部分も太くなってしまいました。
 水槽に余裕があれば色々な解決策を施したいところですが、余裕がないのと別ラインで類似の表現を試しているので、そちらの方を優先したいと思います。

2012年12月15日土曜日

blue?

Endlers Japan blue "Red Chest"(blue?)
 いつまで経っても胸や鰭が赤くならないので、オスのMIX水槽に泳がせていた個体です。


Endlers Japan blue "Red Chest"
*参考写真:こちらは通常の個体です。

 4~5年前に"X-Japan blue"を導入した際にメスが劣性型のブルーの品種を使用したので出現してもおかしくはありません。
 しかし、その後出現する事は一度もなかったので今回の結果は正直意外でした。
 胸部下側に赤い発色が見られますが、不完全劣性型のブルーのヘテロ状態でもエンドラーズ由来の赤の幾つかは発色範囲は縮小されるものの発色自体は可能なので、これも同様なのかも知れません。
 幾度となくエンドラーズとクロスしたので出現する事はないだろうと思っていましたが、一度入った劣性因子というものは完全に抜く事は難しいですね。

Endlers Half Tuxedo


Endlers Half Tuxedo
 毎回エンドラーズのメスと交配して維持していましたが、ハーフタキシード表現があるオスの出現率が1%前後なので維持が辛くなってきました。
 現状の維持方法ではいつ系統が絶えても不思議はないので、今後は素直にハーフタキシード表現があるメスと交配して維持していく予定でしたが、今回色付き始めたハーフタキシードの稚魚がオスばかりの様な気がするので様子見中です。