2013年7月30日火曜日

Platinum Orange

Platinum Orange
 プラチナオレンジです。
 プラチナは「ハイブリッドタイガー」とか、そんな感じの名前の品種から分離した物を使用していますので、若干名残が見受けられます。

Hybrid Tiger
Platinum
 色々な因子を競合させ過ぎてグチャグチャの表現になるよりは、こういったシンプルな組み合わせのほうが良い結果になり易いのかも知れません。


2013年7月24日水曜日

Classical Green Variations

Endlers Laguna de los Patos 2004 (Classical Green) 
+(Orange)
+(Japan blue)
+(Orange & Japan blue)
 結局のところ、原種が一番綺麗ですね。
 作出過程の完成予想図では良い感じになると予想しても,、実際に作ってみると蛇足とも思えるような結果になる事が殆どです。
 それでも挑戦せずにはいられないのは、性分なんでしょうね。

2013年7月5日金曜日

Endlers Hybrid Mix




 今回は久々に動画の撮影をしてみました。

 1本目の動画はエンドラーズジャパンブルー、エンドラーズハーフタキシード、エンドラーズレッドタキシードの3品種です。
 これらは全てY型なのでエンドラーズのメスと組み合わせて維持しています。

 2本目の動画はエンドラーズジャパンブルーオレンジとサンタマリアオレンジがメインで、途中でクマナ系ベースのレッドチークオレンジの幼魚がチラッ映っています。
 こちらの水槽はX型オレンジで揃えて現在維持しています。

 こういった維持方法はあまり人にはお薦めできませんが、メリットとデメリットと成立条件を理解されている方なら有用な手段の一つと言えると思います。

Endlers Half Tuxedo Orange

Endlers Half Tuxedo Orange

Endlers Half Tuxedo Orange
 エンドラーズハーフタキシードオレンジの現在の姿です。
 2枚目の写真が一般的な表現の個体で、1枚目の写真が少し変わっている個体です。
 1枚目のタイプがそのまま遺伝してくれれば面白そうですが、通常の子供が産まれる確率の方が高いような気がします。