2013年11月30日土曜日

Prototype

Platinum Japan Blue Double Sword(♂)  × Bleeding Heart(♀) <F1>
 試作段階の若い個体です。
 発色は途上段階ですが、F1にしては将来性を感じさせてくれます。

 ブリーディングハートは影響力が強い発色因子と組み合わせた場合、負けてしまう事が多い因子です。
 しかし、影響が及ばないエリアや境界付近なら発色が可能です。
 つまり相性次第で上手く隙間を埋められる場合もあれば、他の因子に埋もれてしまう場合もあります。
 
 とりあえず今後エンドラーズの血を濃くする方向で維持していく予定ですが、良い方向に化けてくれることを祈っています。

2013年11月22日金曜日

Lazuli Japan Blue

Lazuli Japan Blue
 現在のラズリージャパンブルーの姿です。
 XとYはグッピー由来ですが、エンドラーズとの交配の影響で鰭の伸長が抑制されています。
  
Lazuli
 こちらはラズリーの発色範囲が広いタイプで、Xはエンドラーズ由来です。

 普通体色のノンカラードだと比較的簡単に見分けられますが、他の因子が絡むと判別が難しそうですね。 

2013年11月10日日曜日

Endlers Hybrid Variations

Lazuli

 ラズリーのラインから出現した個体です。
 エンドラーズの影響が強まったのか、紫がかったラズリーの発色以外にも今までの個体とは異なる点があり、興味深い表現となっています。
 先月紹介した個体も綺麗といえば綺麗なんですが、個人的にはこちらの方が好みです。
 
Endlers Half black Red

 "Laguna la Malagua"系のエンドラーズとレッドタキシードを交配して出来たY型エンドラーズレッドタキシードのタキシード部の範囲が広い個体です。
 品種名には"Half black"って書きましたが、"3/4 black"の方が正しいかも知れません。

Endlers Half Tuxedo(♂) × Red Tail Round(♀) <F1>

 エンドラーズハーフタキシードのオスとレッドテールラウンドのメスのF1です。
 これはこれで面白い表現ですが、「綺麗か?」と考えると微妙な感じがします。
 とりあえずこのラインはここまでで、別の方策を模索することにします。