2014年2月25日火曜日

Intersexual

Bleeding Heart(Intersexual)
Bleeding Heart(Intersexual)
 
 これはブリーディングハート系から出現した個体です。
 少し判りづらいですが、下顎から腹部にかけて赤や緑の発色が薄っすらと浮き出ています。
 このような個体は他の系統でも出現した事がありますが、遺伝的にどのような構成なのか気になるところです。
 XX型ならX染色体の構成を見るヒントになりますが、XY型やXXY型だった場合には逆にミスリードとなるかも知れません。
 
 ちなみにこの個体はメスへの追尾行動も確認されています。
 Y染色体が無くてもホルモンバランスの関係で追尾行動を行なうのか、あるいはY染色体があるから追尾行動を行なうのか、一体どちらが正解なのか?
 
 真相は闇の中です・・・。

2014年2月1日土曜日

Lime


Endlers"Laguna la Malagua" base/Japan Blue + Lime
 エンドラーズジャパンブルーのラインから"ライム"を持ったタイプが出現したので撮影してみました。
 "ライム"とは胸部を中心にメタリックな発色で覆う因子で、下地の発色の影響や光源の角度等でライトブルー・ライムグリーン・シルバー・カッパー等、条件次第でかなり印象が変わります。
 この因子には他にも呼び名があるかもしれませんが、一般的な呼び名がわからず不便だったので、便宜上勝手に命名しています。
 
 我が家の系統の場合は"Endlers Laguna de los Patos 2004 (Classical Green) "に由来していますが、この因子を持ったエンドラーズは複数存在しているようです
 
Endlers Laguna de los Patos 2004 (Classical Green) 
 今回撮影した個体は、まだ若いので今後の発色が楽しみです。